愛宕神社、出世の石段

仕事始め。初詣に行ってきました。

昨年同様会社のメンバーで愛宕神社の出世の石段を登ります。去年より人が少なく、階段をいっきに登ります。階段は休み無しで登ると息切れするほど急です。

何故「出世の石段」なのか、は江戸時代の物語から。徳川家光から愛宕神社の梅をとってこい、という無茶振りに急な石段を馬で駆け上がった曲垣平九郎が1日にして出世したことかが由来だそうです。

ということで、愛宕神社にお参りの際はこの急な石段から、が出世の秘訣。もちろん帰りは出世の石段を降りてはならず、裏から山を降りることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です